学校前の公園で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学校前の公園で写真のようなものを見つけました。

何かわかりますか?

semi

真ん中あたりに小さく写っている抜け殻。

せみだと思うのですが、、、、、

もし、せみならかなりあわてん坊のせみですね。

連休あたりから急に気温が上がって夏と勘違いしたかも。

私たちの身体も、自然に適応しているはずですが、こんなに気候が不順だと身体を壊す基ですね。

こんな時、コンスタントに針治療がうけたいなぁと思う今日この頃です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 友だち追加

コメント

  1. 昆虫ハカセ より:

    時節からすると「はるぜみ」かと思われます。
    4月から6月頃に出てきます。
    私も先日、三田市にて鳴いているところに出会いました。
    しかし、市街地ではめったに見られることのない種類です。松林に生息し山林周辺であれば見られることもあるようです。
    自然が豊富な環境ということですか?

  2. BigBear より:

    昆虫ハカセさんご教授ありがとうございます。ここの学校兵庫柔整専門学校の周りは、公園、マンションの公開空地の植樹木、県の公館、中学校など非常に緑の多いところです。

    前の公園では、びわの実が大きくなってきています。

    その他、ざくろの木、藤棚などもあります。

    昨年はびわもざくろも鳥たちに先を越されましたから、今年こそはと狙っています(^^;