スポーツ用品プラス鍼灸でコンディションアップ2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイナーな世界を展開し続けてます…。

今度も靴下です。

tabi

ご覧の通り、足袋のような靴下です。最初に卓球用品のカタログで見た時は、「こんなの時代錯誤だし、靴を脱いだ時、結構笑える」と思っていました。

その時は自分が履くことなど、夢にも思いませんでした。

ところが、某スポーツ用品のバーゲンに行った時、テニス用品コーナーで「ク○ス・エバート」のブランド名(足袋なのに!)で、しかも赤札で出てたのです。

…思わず買ってしまいました。

馬鹿にしていたものの、巷の噂で「親指の付け根で踏ん張れるから結構いい」と聞いてチェックしていたからです。

履いた時、「やっぱりマヌケ!」とちょっぴり後悔したのですが、卓球をしてみると「馬鹿にしてごめん。左右の動きの時、蹴りやすいな。噂は本当だった!」に変わっていました。

しかし、いいと分かっていても、さすがに常時履く気にはなれず、タンスの奥で冬眠してました。

ところが、1月23日の毎日新聞朝刊にタンゴダンス選手権世界大会で日本人初の優勝者となった山尾洋史さんの記事があり、そこに「踊る時はタビソックス」と書いてあったのが目に飛び込んで来ました。

ステップを踏む時、瞬時の体重移動をするはずで、(そういえば阿波踊りも足袋…これは着物だからですね?)「親指の付け根で踏ん張れることが大切だからに違いない。そして足袋の良さに気付いているこの人なら疲労回復のために鍼灸を受けているのでは?」と勝手に思いました。

足袋ソックス、侮れません。案外、バンクーバーオリンピックにも足袋ソックスが活躍しているかも…。(もちろん、鍼灸も!)

もうすぐバンクーバーオリンピックが始まります。選手には最高のコンディショニングで臨んでもらいたいですね。頑張れ!日本!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 友だち追加