中国に学べ!【11】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チャイナホリックMUさんの『中国に学べ!』シリーズ!第11弾

今回は今、何かとお騒がせ中のインフルエンザについてです!

中国四千年の歴史 VS パンデミック!? いかが相成りますか?

さすがに漢方の国!まだまだあります。

この正月に中国の方からお土産をもらいました。

大きさは縦横10cm程度です。見た目には、かわいらしい小物入れと言ったところです。

中薬防流感香嚢

実は、これは「中薬防流感香嚢」という名がついた健康グッズなのです。

中薬中国医薬のことですから、日本的に言うなら漢方薬ということ。

流感はインフルエンザ

つまり、「漢方薬でインフルエンザを予防する匂袋

なんてストレートで魅力的なネーミング!!

日本でもウイルスを除菌するという「クレベリン」が大幸薬品から販売され、インフルエンザ騒動の昨年は品切れ続出の商品がありました。これにも携帯型という首からぶら下げる形がありました。

中国でもこの「中薬防流感香嚢」を子供たちが首から下げて歩いているそうです。

さすが、漢方の国

漢方薬に敵なしといったところです。

説明書には、

国家医薬局のインフルエンザ予防中薬処方により製造」とあります。

気になる成分ですが、

ヨモギ葉、藿香、蒼朮、呉茱萸、丁香、白芷など」と書かれています。

香りは、漢方薬特有の香りですが、嫌なにおいではありません。

漢方アロマといった感じですね。

これから中国へ行かれる方は、お土産にお一ついかがですか。

次回に続く・・・by チャイナホリックMU

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 友だち追加