学園祭

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月27日、28日で兵庫鍼灸専門学校の学園祭(よもぎ祭)が開催されました。

例年、神戸北野坂で開催されるインフィオラータ神戸が開催される時期に合わせて、兵庫医療学園の学園祭を開催しています。

今年は、5月の連休が10連休、令和に年号が変わるということもあり、少し早い時期の開催となりました。

柔整校の閉鎖もあり、例年より模擬店も少なく寂しい面もありましたが、兵庫鍼灸専門学校の1年生から3年生までの学生たち、教職員、卒業生、社団法人兵庫県鍼灸師会の会員の先生たちもたくさん参加して、賑やかな催し物となりました。

付属施術所の「しんきゅう兵庫」では、鍼灸師会の先生たちが、「はり・きゅう体験会」を開催。インフィオラータを訪れてた環境客の皆さんに呼びかけ、初めてはり・きゅうを受ける人たちに体験治療を行ったり、東洋医学に興味を持ったり助けを求めている人たちへの相談会が開催されました。

学生たちは、ジュースやお茶などの飲み物の販売、教職員や学生が集めた品物をフリーマーケットで販売したり、小さな子供たちにスーパーボールすくいをしてもらったり、教室も開放して鍼灸の説明をパネルで紹介したりしました。鍼灸に興味を持っている訪問者の皆さんに学校を案内したりと訪れた皆さんにも楽しんでいただけたのではないでしょうか。

兵庫鍼灸専門学校の卒業生の同窓会の集まりも開催され、卒業生同士の旧交を温めたり、現役学生とも親密な交流が持たれましたし、鍼灸師会の会員の皆さんとの交流も、学生にとって鍼灸を学ぶモチベーションを高める機会になったことと思います。

学生のうちに、こうしたOBや鍼灸師会の会員の皆さんといった身近な先輩たちと懇意になり、話を聞けたり相談できるという環境は他の鍼灸学校ではなかなか体験できないことかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 友だち追加