レスポンシブ対応

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いまさらですが、4月から兵庫鍼灸専門学校では、インターネットを使って皆さんへ様々な情報提供ができるようにと考え、手を加えることとなりました。

といっても、小さな学校ですから莫大な資金投資ができるわけでもなく、教職員が持てる力を合わせ、できることからコツコツと。。。ということです。

私、Bigbearは趣味で早くからインターネットを使っていた経験があり、専門家ではありませんが聞きかじった知識を総動員して、ホームページやブログを触っています。

といっても、触ってきたのがずっとパソコンだったので、今のようなスマートフォン対応が非常に難しいと感じています。

自分でもガラケーからスマホにチェンジ、これまでパソコンでしか使わなかったFacebookをスマホで見るようになり、パソコンとスマホの見え方の違いに驚いています。

家族とのやり取りや、孫の写真や動画などを見たりするためにインスタグラムやラインなども始めて見るとその手軽さに驚かされたりしているわけです。

セキュリティにさえ気を配っておれば、非常に便利なものだという実感を得ているわけです。

少し遅いかもしれませんが、兵庫鍼灸専門学校でもHPやブログ、SNSを活用していきたいと思います。

そして、この場を借りて、ブログやHPのカスタマイズの覚書をしておきたいと思います。

この覚書が、今後、開業したり世に出て活躍する兵庫鍼灸専門学校の卒業生の皆さんが自ら情報発信するときのヒントになればいいなぁと思ったりしています。

最初のテーマは「レスポンシブデザイン」について

この「レスポンシブデザイン」というのは、サイトを見る人が使う機器(ディバイスといいます)の種類によって、見やすいデザインにするということ。

実際、パソコンで見るのと同じデザインでスマートフォンで見ると、小さくなりすぎたり、左右にスクロールさせないと全体が見えないなどの欠点が生じてみる人にストレスを与えてしまい、せっかくの情報が読んでもらえないということになります。

そのため、当初はPC用にデザインされたサイトとモバイル(スマホやタブレットなど)用にデザインされたサイトの2つのサイトを用意する必要がありました。

これは非常に手間なことですし、費用もかさみます。

これをサイト一つにして、見る機種によって自動でデザインを切り替えるという仕組みが考えられたわけです。

簡単に言えば、「サイトを見る人の端末がAであれば、aというデザインで表示し、端末がBであれば、bというデザインで表示する」ということです。

PC画面
スマホ画面

ネット上で動くプログラムというわけですが、それにしても私のような素人が、簡単に作れるものではありませんね。

でも、これを簡単に導入できるように、しかも無料で使えるようにしてくれています。

この兵庫鍼灸専門学校の「兵鍼ブログ」はWordPressというブログ用のアプリケーションを使っています。そのWordPressでは無料のデザインがいくつも用意されていて、その中に「レスポンシブ対応」のデザインがあります。

ここでは、カスタマイズのしやすいSimplicityというテーマを使っていますが、もし、WordPressを使ってみようと思われるなら、作りたいイメージに合わせてテーマは選べます。

PC画面表示だと小さくなり過ぎていたものが、デザインも変わって見やすくなっていると思います。現在はデフォルトのままですが、少しずつカスタマイズはしていきたいですね。

兵庫鍼灸専門学校のホームページは同じようにベースはWordPressなのですが、業者さんにお願いして大幅なカスタマイズがしてあります。WordPressはPHPという言語で書かれており、素人ではなかなか一からカスタマイズは難しいです。

日常メンテナンスが簡単にできるようにはしてあったのですが、素人にはなかなか難しいものがありました。今回、少しずつ時間をとって、変更していきたいと思い、まずはすべてのページがスマホ対応するように手直しをしているところです。

表示そのものはテーマでレスポンシブ化はできますが、その他の細かいカスタマイズもしていきたいところです。WordPressはカスタムの手助けツールとして、プラグインという補助プログラムがたくさんあります。

今回のテーマの「レスポンシブ対応」についても、たくさんのプラグインが出ています。今後便利なものを取り入れていきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 友だち追加